ヘッドホンで耳が痛くなる時のトラブル解決法!!

トラブル

こんにちは、2Yです。

今回は「ヘッドホンをつけていて耳が痛くなる時の原因と解決法」についてお話します。

 

通勤で音楽を聴いていたり、ゲームをしていて長時間ヘッドホンをつけていて耳が痛くなることがある方多いのではないでしょうか。

意外とその現象には原因があったりします。

今回はそのトラブルの原因と解決法についてご紹介していきます。

耳が痛くなる原因

耳が痛くなる原因は大きく分けて2つあります。

ヘッドホン側に問題があるか、自分自身に問題があるかです。

ヘッドホンが重たい

1つ目はヘッドホンが重たいということです。

ヘッドホンが重たいと頭の上の部分にのしかかり痛みになります。

また、耳にあっていたイヤーパッドが落ちてきて別の痛みを引き起こす可能性があります。

耳への締め付けが強い

2つ目は耳への締め付けが強いことです。

これは開放型のヘッドホンに多く見られます。

これを防ぐには密閉型のヘッドホンで耳を覆うようにヘッドホンをつけることがおすすめです。

音量が大きい

3つ目は流している音の音量が大きいことです。

音量も耳への痛さに関係してきます。

外側の圧ではなく、内部から耳への疲れを増幅してきます。

特に開放型では音量を自然にあげてしまうので、密閉型を購入することをおすすめします。

メガネをしている

4つ目はメガネをしていることです。

メガネの上からヘッドホンをすると、メガネのひっかけ部分が締め付けられて痛みにつながります。

できればメガネを外すことをおすすめします。

耳が痛くならない対処法

ここからは実際に対処法をご紹介していきます。

イヤーパッドを変える

1つ目はイヤーパッドを変えることです。

上記の原因でも話したように耳への締め付けが原因で痛くなっている可能性があります。

ヘッドホンによってはイヤーパッドを変えることができるものもあるので、自分が使っているヘッドホンが変えることができるのかをまず調べてみましょう。

おすすめは柔らかくて分厚いものです。

メガネをしない

2つ目はメガネをしないことです。

メガネなどヘッドホンと耳の間に何かが入るとそれが障壁になってしまいます。

ヘッドホンはそもそも耳にフィットするように作られているので、異質なものがあると性能を発揮しきれません。

可能であればメガネをしない方がおすすめです。

耳が痛くならないヘッドホンを買う

3つ目は新しいヘッドホンを買うことです。

極論を言ってしまえば、ヘッドホンの重さや耳への締め付けなどヘッドホンそのものに原因がある場合はどうしようもありません。

条件がちゃんとあっているヘッドホンを買えばこの問題は一気に解決できる可能性があります。

おすすめは密閉型のイヤーパッドが分厚くて柔らかいヘッドホンです。

別記事で耳が痛くなりにくいワイヤレスヘッドホンをご紹介しているので参考にしてみてください。

【2022年版】耳が痛くならない・疲れないおすすめワイヤレスヘッドホン5選!!
ヘッドホンを長時間つけていると耳が痛くなることってありますよね。今回は個人的におすすめする痛みを軽減できるヘッドホンをご紹介していきます。

まとめ

ここまでヘッドホンで耳が痛くなる原因と対処法についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

長時間ヘッドホンをつけたいときに耳が痛くなることは大きくストレスになります。

楽しい時間をストレスに侵されるのは精神的に嫌ですよね。

ぜひ今回ご紹介したものを試していただけたらと思います。

 

この記事が何か参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました