【2022年06月】『寝ホン』寝ながら音楽が聴けるおすすめイヤホン5選!これで耳が痛くない!!

イヤホン

こんにちは、2Yです。

今回は「寝ながら音楽が聴ける『寝ホン』おすすめ5選」についてお話ししていきます。

 

みなさんは「寝る時や身体を横にした時にイヤホンをして、ベッドにイヤホンが当たって耳が痛い」という経験はありませんか?

音楽を聴いたり、動画を見たり、電話をしたりとベッドに入るとイヤホンを使うことって案外多いのではないでしょうか。

寝付きが悪くて、ASMRやリラックス音楽を聴いて寝る方もいるかもしれません。

今回はそんな痛みを解決するおすすめのイヤホンをご紹介します。

寝ホンとは?

そもそもこの記事で使われている「寝ホン」って何なの?という話をします。

「寝ホン」とは寝ながら音楽や動画、電話ができるイヤホンです。

寝る時や横になったときに使うイヤホンとして適したものを指します。

「寝ホン」と呼ばれるイヤホンを使うと懸念であった耳の痛みを解決することができます。

寝ホンの選び方

次に「寝ホン」の選び方についてお話しします。

寝ホンに適しているかの選び方は主に2つあります。

それは「種類」と「接続方法」です。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

種類「カナル型かインナーイヤー型」

まずは種類です。

イヤホンには「イヤーピースを耳にはめてしっかりフィットさせる密閉式のカナル型」と「耳にイヤホンを引っ掛けて耳への圧迫を軽減した開放式のインナーイヤー型」があります。

それぞれのメリットを紹介します。

カナル型のメリット
  • 音漏れが少ない
  • 耳にしっかりフィットする
  • 細かい音を聴きやすい
インナーイヤー型メリット
  • 圧迫感がない
  • 外部の音も聞きやすい
  • 音の空間を表現しやすい

上記のようなメリットがそれぞれあります。

私的にはカナル型が「寝ホン」にはおすすめです。

理由は明白で、耳が痛くないからです。

「寝ホン」における一番の懸念は、横になった時の耳の痛さなので、それを解消できるのはカナル型の方が多いです。

接続方法「有線かワイヤレス」

続いては接続方法です。

接続方法には「有線」か「ワイヤレス」かの2種類があります。

それぞれの「寝ホン」におけるメリットについてお話しします。

有線のメリット
  • 充電を気にしなくて良い
  • 耳から外れにくい
  • いちいち接続をしなくて良い
ワイヤレスのメリット
  • ケーブルがない
  • 寝返りが打ちやすい
  • 断線のリスクがない

「充電をすることが面倒くさい方」は有線、「寝相が悪い寝返りが打ちやすいのがいい方」はワイヤレスがおすすめです。

寝ホンおすすめ5選

ここからは実際におすすめの寝ホンをご紹介していきます。

①パナソニック『RP-HJF3』

メーカーパナソニック
商品RP-HJF3
値段¥3,480
種類カナル型
接続方法有線
白/黒/黄/緑/薄ピンク/深ピンク/紫/青/赤/橙

1つ目はパナソニックが発売している「RP-HJF3」になります。

こちらのイヤホンの大きな特徴は、イヤホンの小ささとカラーバリエーションです。

画像のようにイヤホンが耳の中に収まります

これによって、横になってもイヤホンで耳が痛くなることはありません。

このイヤホンは女性向きに作られていることもあって小さいのも特徴の1つです。

また、カラーバリエーションも豊富で10種類の中から選べるので自分の好きなものを見つけることができます。

個人的にはかなり寝ホンとしておすすめです。

②SHURE『SE215』

メーカーSHURE
商品SE215
値段¥12,282
種類カナル型
接続方法有線

2つ目はSHUREが発売している「SE215」です。

このイヤホンの大きな特徴は、圧倒的な高音質と耳を埋める遮音性です。

ゲームイヤホンとしても有名なSE215は、SHUREのイヤホンということもあって音質にこだわりがあります。

また、このイヤホンは音楽鑑賞にも向いてると言われているので汎用性が高いです。

遮音性も抜群で、耳を埋めるようにはめるイヤホンは落ちにくさもあります。

リモコンもついていて手元で音量なども変えられます。

ゲーミングイヤホンとしても使えて、寝ホンとしても優秀なイヤホンです。

③SENNHEISER『CX300S』

メーカーSENNHEISER
商品CX300S
値段¥5,891
種類カナル型
接続方法有線
黒/赤

3つ目はSENNHEISERが発売している「CX300S」になります。

このイヤホンの大きな特徴は、音のクリアさとデザインのかっこよさです。

メーカーがSENNHEISERということもあって、音の綺麗さは同じ値段で買えるイヤホンの中でもレベルが違います。

デザインもシンプルでかっこよさがあります。

個人的には赤色がかっこよくて好きです。

マイクが付いているので、通話しながら寝たい方に向いています。

④1MORE『ComfoBudsZ』

メーカー1MORE
商品ComfoBudsZ
値段¥10,990
種類カナル型
接続方法ワイヤレス
連続再生時間約3.5h

4つ目は1MOREが発売している「ComfoBudsZ」になります。

このイヤホンの大きな特徴は、寝ホン用につくられているところです。

睡眠用ワイヤレスイヤホンと謳っていて、実際に寝る時向けに作られています。

大きさは耳にすっぽりハマる大きさで、横になってもいっさい邪魔になりません。

また、内蔵で約30曲の睡眠向けの音源が入っており、寝つきの悪い方、リラックスした曲を聴きながら寝た方にはうってつけです。

寝ホン専用でイヤホンを買う方におすすめです。

⑤Sudio『T2』

メーカーSudio
商品T2
値段¥14,900
種類カナル型
接続方法ワイヤレス
白/黒/ベージュ/緑
連続再生時間約7.5h

最後はSudioが発売している「T2」になります。

このイヤホンは今回紹介する唯一のワイヤレスイヤホンになります。

このイヤホンの大きな特徴は、耳の疲れなさと充電の早さです。

このイヤホンは耳をとにかく疲れないように、痛くならないようにと400もの耳の形でテストされて作られています。

そのためどんな耳の形にもフィットして、疲れにくいイヤホンになっています。

また、充電が早いことも特徴の1つで、10分の充電で2時間の連続再生時間を確保できます。

これによって、時間がないときや充電を忘れてしまった時でも少しのチャージで十分な使用時間を維持できます。

「寝ホン」に大切な横になった時の痛さの部分でも、そこまで大きすぎないので気にならないかなと個人的に感じます。

変わった音グッズ

ここからはイヤホンではないですが、睡眠時につかえる音グッズをご紹介していきます。

①LC-dolida『アイマスク』

メーカーLC-dolida
商品アイマスク
値段¥5,419
接続方法ワイヤレス

1つ目はLC-dolidaが発売している「アイマスク」になります。

これは名前の通りアイマスクで、音楽をBluetoothに繋げて聴くことができます。

アイマスクの素材が布で柔らかいため寝ながらつけていても痛くありません。

耳にイヤホンをつけて寝たくない方、アイマスクと同時に音楽を楽しみたい方におすすめです。

②SPICE『アウトドアスピーカー』

メーカーSPICE
商品アウトドアスピーカー
値段¥4,482
接続方法ワイヤレス
黒/白/カーキ

2つ目はSPICEが発売している「アウトドアスピーカー」になります。

ライトとしても使えて、スピーカーの機能も備わっている商品です。

キャンプなどのアウトドアでも使えますが、室内の薄いライトとして使いながら音楽を楽しむこともできます。

③Anker『Soundcore Waker』

メーカーAnker
商品Soundcore
値段¥9,999
接続方法ワイヤレス
黒/白

3つ目はAnkerが発売している「Soundcore」になります。

スピーカー・時計・目覚まし・ワイヤレス充電器が一体化となっている優れものです。

これがベッドに1つあれば、全て完結できます。

また、時計のライトの明るさも5段回で変えられるので好きなようにカスタマイズできます。

まとめ

ここまでおすすめの寝ホン・音グッズをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

睡眠は人間にとってとても重要な時間ですので、ストレスがないことが大切です。

ぜひ納得のいくものを買ってみてくださいね。

 

この記事が何か参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました