【2021年8月】インテリアにも使えるおしゃれな北欧風スピーカー!おすすめ4選!

スピーカー

こんにちは、2Yです。

今回は「インテリアとしても使える北欧風のおしゃれなおすすめスピーカー」について話していきます。

 

スピーカーは家にあると、好きなときに音楽を流せて、気分をあげるのには打ってつけですよね。

そんなスピーカーを買おうと思ったときに、「おしゃれなものないかな」とか「インテリアとしても使えるようなものないかな」とか思ったことありませんか?

せっかく買うなら機能面とデザインの両方にこだわりたいものです。

なので今回はデザインも機能面も良いスピーカーを買いたい方へ向けて、インテリアとしても優秀なスピーカーをご紹介します。

スピーカーを選ぶときのポイント

デザイン

今回のテーマでもあるデザイン性です。

日常の中に紛れているととてもおしゃれに見えます。

例えば、「ウッドぽい家なら木で作られたスピーカー」「白を基調とした家なら白っぽいスピーカー、または色として差せる黒のスピーカー」など、デザイン一つで家の雰囲気が変わったりします。

物によっては、照明にもなったり、鏡にもなったりと他の機能としても使える物もあるのでそういうのを加味して選ぶこともありです。

機能性

機能面大きく気にして欲しいポイントは「コーデックとワット数」です。

まずはコーデックですが、コーデックとは大きすぎる音楽のデータを圧縮してスピーカーに送る圧縮の方式を言います。

LDAC → apt-X → AAC → SBCの順で音質が良く聴くことができます。(※LDACが一番音質が良いということです。)

何も記載のないスピーカーは主にSBCになります。安価で手に入るスピーカーに多いです。

続いてはワット数ですが、これはワット数が大きければ大きいほど音のボリュームを稼ぐことができます。つまり大音量で聴けるということです。

一人暮らしの部屋なら10Wあれば十分な音量で聴けます。20Wあれば外でも使えるくらいの音量を稼げます。

ワット数が大きければ、音質が良くなるというわけではないので注意しましょう。

大きさ

スピーカーにも大きさによっていくつかの種類があります。

本棚におけるくらいのポータブルな大きさのブックシェルフ型、床に置く大型のフロア型、テレビの横などによく置かれる縦長のトールボーイ型になります。

今回はブックシェルフ型を紹介していきます。

自分の用途にあったサイズのスピーカーを選びましょう。

おすすめのスピーカー

音楽によって揺らぐ光「BALMUDA The Speaker」

まずは、BALMUDAの「BALMUDA The Speaker」です。

このスピーカーはまるでライブステージを見ているかのようなデザインをコンセプトに作られたもので、その通り360°で鳴り響く音楽と音源に合わせて光る美しい照明が特徴になります。

スピーカーが上向きに付いているので、包まれるような立体的音源を楽しめます。

公式で買うと30日間なら返金できるのでお試しすることも可能です。

           BALMUDA The Speaker
値段¥35,200
大きさ105mm×188mm
ワット数8W
バッテリー時間約7時間
カラー
接続Bluetooth

個人的な使用感として、見ているだけで癒される照明はそれだけで買う価値はあるなと感じました。

ロックなデザインと細かな音作り「Marshall KILBURN Ⅱ」

続いては、Marshallの「KILBURN Ⅱ」になります。

何といってもMarshallのギターアンプを彷彿させるようなロックなデザインが特徴的です。

部屋にポツリとあれば一瞬で目を引くおしゃれさがあります。

また、低音・中音・高音とそれぞれの音域を自分の聞きたいようにカスタマイズできることも特徴の1つ。自分好みの音作りを楽しめます。

            Marshall KILBURN Ⅱ 
値段¥39,800
大きさ243mm×163mm
ワット数20W
バッテリー時間約20時間
カラー黒、黒と黄銅
接続Bluetooth

ワット数がでかいのもあって、室内・室外どちらでも使えるのが個人的に利便性がいいと感じました。

TVにも使える重低音スピーカー「Bose TV Speaker」

3つ目は、Boseの「TV Speaker」になります。

名前の通り、TVのサウンドをよりクリアに聞かせるために作られたスピーカーです。

ただし、Boseというだけあって音楽も低音に迫力があるようなサウンドが聴けます。

デザインもシンプルで周りに違和感なく置けます。

このスピーカーの最大の特徴は、スピーカーを追加してシステムを拡張できるところです。

別売のウーファーを2つ追加すれば、映画館のような臨場感を味わえます。

             Bose TV Speaker  
値段¥33,000
大きさ594mm×56mm
ワット数
バッテリー時間
カラー
接続Bluetooth

Boseというだけあって、低音の迫力は他のスピーカーよりずば抜けている感覚を受けます。

高品質でおしゃれすぎるデザイン「Tivoli Audio Model One BT」

最後は、Tivoli Audioの「Model One BT」になります。

Tivoli Audioはラジオが有名なブランドでもありますが、このスピーカーはBluetoothにも対応したモデルです。

何といっても北欧チックなデザインが素敵ですよね。

色も4色あるためデザインが豊富です。

            Tivoli Audio Model One BT 
値段¥38,500
大きさ213mm×115mm
ワット数
バッテリー時間
カラーベージュ、チェリー、シルバー、黒
接続Bluetooth

この高級感あふれるデザインと本格的なラジオはデザインだけでなく、機能面もおしゃれだと感じます。

まとめ

ここまで4つ個人的におすすめできる北欧風スピーカーを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

今回紹介したものは、割と値段が張るものですがどれも品質は一品なものです。

ぜひ自分の納得できるスピーカーを見つけてみてくださいね。

 

この記事が何か参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました